北前船ストーリー

祝 日本遺産認定

荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間

~北前船寄港地・船主集落~

 「日本遺産」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化・伝統を語るストーリーとして文化庁が認定するものです。

 全国の北前船寄港地や船主集落からなる日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間」に、令和2年6月19日、白山市が追加認定されました。今後、構成する全国48市町が連携し、北前船文化を国内外に発信していきます。


認定されたストーリーの概要

 日本海や瀬戸内海沿岸には、山を風景の一部に取り込む港町が点々とみられます。

 そこには、港に通じる小路が随所に走り、通りには広大な商家や豪壮な船主屋敷が建っています。

 また、社寺には奉納された船の絵馬や模型が残り、京など遠方に起源がある祭礼が行われ、節回しの似た民謡が唄われています。これらの港町は、荒波を越え、動く総合商社として巨万の富を生み、各地に繁栄をもたらした北前船の寄港地・船主集落で時を重ねて彩られた異空間として今も人々を惹きつけてやみません。


本吉湊ストーリー

 手取川河口に位置する本吉湊(もとよしみなと)は、室町時代には、日本の十大湾港、三津七湊(さんしんしちそう)の一つとして知られ、江戸時代から明治時代にかけ、北前船の寄港地・船主集落として栄えました。

 本吉湊には、北前船が往来して諸国の産物がもたらされ、米や美川仏壇などの商品が移出されました。町には藩の米蔵が建ち、加賀の豪商・銭屋五兵衛と並び称される船主を輩出。「加賀の本吉 銀(かね)の出所(でどころ)」とうたわれ、北前船がもたらす豊かな経済力は加賀藩にも大きな影響を与えました。

 美川地区には北前船主の館が軒を連ねた「郎平辻(ろうへいつじ)」という場所があり、その周辺にも多くの船主等が居住したといわれています。湊地区にも呉竹文庫を創設した熊田源太郎をはじめ、廻船業に携わる多くの人々がいて、船主や船員が居住する船主集落としても賑わいをみせていました。


白山市の認定文化財

藤塚神社

北前船主等が信仰した神社。航海の安全を祈願した額や船の模型などが奉納されている。

 

住所:〒929-0215 白山市美川南町ヌ167

藤塚神社奉納物

航海の安全を祈願して奉納された船の模型や額。

御酒(市指定無形民俗文化財)

北前船主が船員を招き催した酒宴で唄われた祝唄。


美川のおかえり祭り

(県指定無形民俗文化財)

藤塚神社の春季例大祭(例年5月中旬に開催)。美川仏壇の技術の粋を極めた豪華絢爛な台車は、北前船主の経済力と当時の繁栄を物語る。

美川仏壇

  

航海に耐えるよう堅牢な構造と、漆などの下地を型に押し立体的な紋様をほどこす堆黒(ついこく)の技術が特徴。

 

美川仏壇協同組合

住  所:白山市美川新町ル86

電話番号:076-278-2275

ふぐの卵巣の糠漬

  

北前船で運ばれてきた水産物を加工した発酵食品。猛毒のふぐの卵巣を塩・糠に漬け込み無毒化する。美川のふぐの子として親しまれている。


石川ルーツ交流館北前船関係資料

(市指定有形文化財古文書ほか)

北前船の歴史をはじめ関連する古文書、関連資料、おかえり祭り等を展示している。

今湊神社

(市指定建造物ほか)

北前船主等が信仰した神社。航海の安全を祈願した額や船の模型などが奉納されている。

 

住所:〒929-0217 白山市湊町151

呉竹文庫所蔵資料

(市指定有形文化財古文書ほか)

北前船主だった熊田家が開いた元私設図書館。船主集落である湊町に関連した古文書群も収められている。


美川を楽しむ

奇跡の発酵食品「ふぐの卵巣の糠漬け」

猛毒のふぐの卵巣を塩・糠に漬け込み無毒化した、奇跡の発酵食品と呼ばれる珍味。「美川のふぐの子」として親しまれています。

北前船記念展示開催

石川ルーツ交流館、呉竹文庫、市立博物館では北前船関連特別展示を開催します。

美川おかえりの会

美川を満喫するなら地元ガイドの解説付きで散策はいかが?


小舞子海岸

日本の渚百選に選定された海水浴場。その昔は停泊する北前船が見えたのでしょうか。

白山美川伏流水群

霊峰白山の恵みの水が、地下をゆっくりと通って自噴する伏流水。白山美川伏流水群として平成の名水百選に認定されています。

北前船がここにも!

美川のまち歩きでは足元にも注目。マンホールのフタに北前船と霊峰白山が見つかります。(写真はJR美川駅前本町通り)


のぼり旗や看板でお祝い
 

日本遺産認定を記念して、あちこちにのぼり旗を設置しています。JR美川駅には看板を設置。

10/13・14 美川の北前船日本遺産と
藤塚神社秋祭りを巡る

観光ガイド「美川おかえりの会」のまち歩きツアー、地元ならではの丁寧な解説で美川をひと回りしました。

10/18 本吉・北前船の話を聞く
 

今に伝わる北前船の栄華を地元の5人が語り、定員いっぱいの会場からは日本遺産認定の盛り上がりが感じられました。


10/18・25 美川巡りバスツアー

バスで見どころをひと巡り。藤塚神社拝殿では船主が航海の安全を祈願して奉納した北前船の精巧な模型を鑑賞。

10/25 記念式典 「御酒」披露

歌詞に「日本遺産認定お祝いの御酒ぢゃもの」と織り込まれ、北前船の時代から伝わる祝い唄で華やかなオープニングとなりました。

10/25 記念式典 日本遺産認定証伝達

文化庁より、大阪府泉佐野市、石川県志賀町、そして白山市へ日本遺産認定証が伝達されました。


10/25 北前船フォーラム 記念講演

北前船に関する著書多数の加藤氏より、「動く総合商社」だった北前船のロマンや当時の北陸の繁栄についてお聞きしました。

10/25 北前船フォーラム 鼎談

小樽商科大学の高野氏、金沢大学の青木氏を加え、北前船の歴史的意義と観光資源化、ジオパークとの関連についてなど幅広い視点で考えました。

10/25 日本遺産認定証

3市町の認定証をフォーラム終了時に展示。今後、北前船で結ばれた全国48市町で協力しながら、地域の魅力発信に努めます。